1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで、24日にがんのため53歳の若さで死去した古賀稔彦さんの通夜が28日、川崎市内の寺院で営まれた。小雨も降る中、ともに同五輪を制覇した吉田秀彦...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 柔道TOPへ