明豊がリードを守り切った。一回に幸の先頭打者本塁打で先制。三回は阿南の適時打などで2点、五回に黒木の2点適時打、八回にも1点を追加。先発の京本が3回を無失点とし、太田、財原の継投でしのいだ。要所での...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) 高校野球TOPへ