フェンシングで東京五輪出場を争うフルーレの最終戦となるグランプリ(GP)大会は28日、ドーハで決勝トーナメントが行われ、男子で23歳の敷根崇裕が準優勝した。国際連盟が同日更新した五輪個人ランキングで...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フェンシングTOPへ