【ジュネーブ共同】IOCは27日、「スポーツと政治」と題したバッハ会長の見解を公式サイトに掲載し、五輪の競技会場や選手村で政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じた五輪憲章第50条の修正や撤廃に消極的...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フェンシングTOPへ