フェンシングの全日本選手権最終日は26日、東京都港区のニューピアホールで各種目の決勝が行われ、フルーレは男子で23歳の松山恭助が昨年優勝の永野雄大に15―4で快勝し、頂点に立った。女子は菊池小巻が辻...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) フェンシングTOPへ