バレーボール女子のネーションズリーグは22日、ブルガリアのルセなどで行われ、日本は1次リーグ第2戦で米国に1―3で敗れ、1勝1敗となった。石井(久光製薬)がチーム最多の23点を挙げた。 ...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バレーボールTOPへ