バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は17日、今季はイタリア1部リーグのイモコでプレーしていた日本代表のアタッカー長岡望悠が左膝前十字靱帯を損傷し、全治8カ月と診断されたと発表した。関係者によると、...[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します) バレーボールTOPへ