新型コロナウイルスの感染拡大で医療用の防護服が不足する中、スポーツ界から、代用品として観戦用の雨具を医療機関に寄付する動きが相次いでいる。サッカーJ1川崎フロンターレでは、選手会で応援グッズのポンチョ2千着を買い上げ、医療機関に寄付することにした。