2020年東京五輪でボクシングが存続する方向となり、プロボクシングの元ミニマム級世界王者で東京五輪出場を目指す36歳の高山勝成選手(名古屋産大)は23日、大阪市内で取材に応じ「自分も世界各国のボクサーたちも待ち望んでいた。すごく感謝している。あらためてやってやるぞという気持ち」と述べた。