日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の第1回会合が26日、東京都内で開かれ、野球指導者や整形外科医らが投球数制限や野球界を取り巻く状況について、各立場から活発に意見を交わした。