2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、世界中から大会に訪れる国家元首や閣僚ら要人の受け入れ態勢に関する初の説明会を、東京都内で開いた。各国の駐日大使ら在日大使館関係者を中心に117カ国の180人が出席し、組織委によると輸送と宿泊に関する質問が多く寄せられた。