2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、大会で活用するロボットの発表会を開いた。「史上最もイノベーティブ(革新的)な大会」の実現を目指す取り組みの一環で、車いすの観客を誘導したり飲食物を届けたりするロボットを披露した。ロボットプロジェクトの第1弾企画となる。