レスリング女子で五輪、世界選手権を合わせて16大会連続世界一の偉業を成し遂げ、8日に現役引退を表明した吉田沙保里(よしだ・さおり)さん(36)が10日、東京都内で記者会見し「このたび33年間の選手生活に区切りをつけることを決断した。レスリングは全てやり尽くした」などと語った。