第4回19歳以下(U―19)世界選手権最終日は7月10日、中国のハルビンで行われ、日本は3位決定戦でメキシコに7―24で敗れて4位だった。
 この試合の日本の最優秀選手(MVP)には、8捕球で80ヤードを獲得したTE勝部樹(関学大1年)が選ばれた。


 4大会連続で同じ顔合わせとなった決勝は、カナダが2連覇を目指した米国を24―6で破り、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。


 大会は全日程を終了し、最終順位は①カナダ②米国③メキシコ④日本⑤オーストリア⑥オーストラリア⑦中国だった。


 〈U―19日本代表・嵜隆夫監督(大産大付高)の話〉
 (第1クオーターに)リードオプションのファンブルからタッチダウンを奪われたのが痛かった。それとゴール前でインターセプトされたのも痛かった。ディフェンスはよく踏ん張っていた。ランが出ないからパスをあれだけ投げればインターセプトされるのはしょうがない。課題が浮き彫りになった試合だった。ランニングプレーをもっと出さないといけない。
 選手の成長を感じた。技術的なことはもちろん人間的なところも最後はきっちりとしていた。結果は4位だったが、上のレベルの国と同じ土俵で戦えたので、次のステップとしてもう少し上のステージを狙えるような大会になったと思う。結果としては満足していないが、次につながる大会になったと思う。


 〈U―19日本代表TE勝部樹の話〉
当初からパスオフェンスになると分かっていたので、自分がチームを勝たせるという気持ちでプレーした。序盤はいいテンポで進めていたが、途中からインターセプトや小さいミスをし出して自滅してしまった。その中でも、チームとしては今日が一番良かったと思う。


 〈U―19日本代表・元山伊織主将(RB=早大2年)の話〉
(日本での)強化合宿やハルビンでの練習などいろいろな経験があって、みんなが一つになった。メキシコ戦は結果的に負けてしまったが、みんな楽しそうにプレーしていたので、僕らとしてはいい経験になったし良い大会だったと思う。これからは各々がライバルになるが、この経験を次のステージに生かしていきたいと思う。

【写真】メキシコ戦のMVPに選ばれたTE勝部=写真提供・日本アメリカンフットボール協会