NFLデンバー・ブロンコスのスターQBペイトン・マニングが、18年目となる2015年シーズンも現役を続行する意向であることが3月4日、明らかになった。


 今月24日に39歳の誕生日を迎えるマニングは、過去に5度リーグの最優秀選手に輝くなど、NFLを代表するQBとして活躍。今季もプレーオフに進出したが、AFC準決勝でインディアナポリス・コルツに敗れ、去就が注目されていた。


 関係者によると、マニングの年俸は今季の1900万ドル(約22億8000万円)から1500万ドル(約18億円)プラス出来高払いになるという。


 マニングの父アーチーは、ニューオーリンズ・セインツなどでプレーしたNFLの元QBで、弟のイーライもニューヨーク・ジャイアンツの現役QBとして活躍している。

【写真】コルツとのプレーオフでのマニング(AP=共同)