NFLは1月18日(日本時間同19日)、カンファレンス決勝を行いNFCは昨季の王者シアトル・シーホークス(西地区1位)、AFCはニューイングランド・ペイトリオッツ(東地区1位)が勝ち、2月1日(日本時間同2日)にアリゾナ州グレンデールで開催されるスーパーボウルに進出した。


 スーパーボウル連覇を狙うシーホークスは、QBラッセル・ウィルソンが4インターセプトを喫するなど苦戦、前半を0―16とリードされた。しかし、終盤に追い上げ延長の末グリーンベイ・パッカーズ(北地区1位)に28―22で競り勝った。


 インディアナポリス・コルツ(南地区1位)と対戦したペイトリオッツは、QBトム・ブレイディが3TDパス、RBルギャレット・ブラントが3TDランを記録するなど攻撃が好調。守備も第2クオーターの1TDに抑え45―7で大勝し、3季ぶりのスーパーボウル出場を決めた。


 ▽NFC決勝
        1Q 2Q 3Q 4Q OT 合計
パッカーズ  13  3  0  6  0 22
シーホークス  0  0  7 15  6 28


 ▽AFC決勝
        1Q 2Q 3Q 4Q 合計
コ  ル  ツ 0  7  0  0   7
ペイトリオッツ 14  3 21 7 45

【写真】スーパーボウル出場の喜びを分かち合うペイトリオッツのベリチックHCとQBブレイディー(AP=共同)