アメリカンフットボールの第1回大学世界選手権最終日は5月11日、スウェーデンのウプサラで行われ、優勝を懸けた一戦で日本はメキシコに6―14で敗れ、3勝1敗で初代チャンピオンの座を逃した。


 同選手権は全日程を終了し、順位は4戦全勝のメキシコが1位、2位日本、3位スウェーデン(2勝2敗)、4位フィンランド(1勝3敗)、5位中国(4敗)だった。
 第2回大会は、2年後の2016年にメキシコ市で開催される。


 第2クオーターに7点を先制された日本は、第3クオーター5分48秒、ゴール前2ヤードから左から右にモーションしたWR頓花達也(立命大出)が、ハンドオフでボールを受け、そのままエンドゾーンに走り込み6―7。同点を狙ったTFPのキックは失敗した。
 日本はその後、RB井上周(立命大出)、高口和起(日大)のランに、QB荒木裕一朗(立命大出)のパスを織り交ぜて攻撃を展開したが、なかなか得点に結びつかない。


 守備は、DB石井悠貴(立命大出)が、第3クオーターに相手のFGをブロック。DB大森優斗(関学大出)らのパスカバーが光ったが、第4クオーター残り1分30秒にゴール前からメキシコにランプレーで追加点を許した。
 日本はここから、荒木のパスでじりじりと前進。残り試合時間3秒、荒木が投げたパスは、エンドゾーン左で相手DBに競り勝った頓花がキャッチしたが、判定はアウトオブバウンズで試合終了となった。


 この試合の日本チームの最優秀選手には、パスを16回投げ9回成功、109ヤードを記録したQB荒木が選ばれた。


【大学日本代表・水野彌一監督(追手門学院アメリカンフットボール部総監督)の話】
 今日はメキシコを褒めるべき。ゲームプランが良かった。選手の持ち味をよく出していた。(大会を振り返って)最初の3試合で選手もコーチもだれてしまうと思ったが、そういうこともなく最後までいい努力をしてくれた。そういう意味で、全員を褒めてあげたい。今回のチームは本当に良いチームだった。日本のチーム作りの仕方は、今回参加したチームには良い見本になったと思う。日本にとっては、日本中の選手やコーチが集まり優秀なコーチの下でチーム作りを学ぶということは、参加した選手たちにとって良い勉強になったと思う。これは日本の財産。後世につなげていってほしい。


【大学日本代表OL服部真明主将(立命大出)の話】
 OLとしては、前半はうまくいっていなかったが、後半はランも出始めてうまく機能していた。勝てると思ったが、結果が全て。これまで、これほど長い遠征を経験したことがなかったので、正直しんどいところが多かったが、その分みんなといる時間が長かった。他大学の人と本気でフットボールをすることで、今までにない考えを持つことができ、刺激になった。今回はいい経験だったが、負けたら悔しいということを、あらためて実感した。


【大学日本代表QB荒木裕一朗の話】
 自分の出来は悪くなかったが、結果として得点につながらなかった。もっと決めきれるところがあったと思う。大会自体はすごく楽しかった。(自身も日本代表として参加した)U―19で勝ったメキシコに負けたのはすごく悔しいが、まだまだ上がいることが分かった。再び世界大会を目指すモチベーションになった。


 ▽試合結果(全日程終了)
5月2日 中 国0―47フィンランド
     スウェーデン0―62メキシコ
  4日 フィンランド0―84日 本
     スウェーデン41―0中 国
  6日 メキシコ53―0フィンランド
     中 国0―54日 本
  8日 日 本57―0スウェーデン
  9日 メキシコ55―0中 国
 10日 フィンランド6―28スウェーデン
 11日 日 本6―14メキシコ

【写真】日本チームのMVPに選ばれたQB荒木=写真提供:日本アメリカンフットボール協会