U―59ERSが2連覇 シニア「マスターズボウル」

U―59ERSが2連覇 シニア「マスターズボウル」

国内【2017/03/21】

 シニアリーグの2016年度王者を決める「マスターズボウル」は3月20日、富士通スタジアム川崎で開催され、関東の「UNDER 59ERS(U―59ERS)」が関西の「OVER 40 Legenders」を3―0で破り、2連覇を果た...【続きを読む】

関西代表が関東代表に競り勝つ 第9回「東西中学生オールスター交流戦」

関西代表が関東代表に競り勝つ 第9回「東西中学生オールスター交流戦」

国内【2017/03/21】

 東京都アメリカンフットボール協会主催の、第9回「東西中学生オールスター交流戦」は3月20日、富士通スタジアム川崎で行われ、関西代表が関東代表に13―12で競り勝った。  関西代表は、一年ごとに『大阪・兵庫地区選抜』と「京都・...【続きを読む】

【編集後記】Vol.177

【編集後記】Vol.177

国内【2017/03/17】

 サッカーの元日本代表、J2横浜FCの「カズさん」こと三浦知良選手が、2月に50歳の誕生日を迎えた。  誕生日と重なった開幕戦の取材には、海外メディアも含めて200人以上が押し寄せたそうだ。  プロではないが、アメリカンフット...【続きを読む】

日本が米国に勝つ 第6回「トモダチボウル」 MVPは法大QB五十嵐

日本が米国に勝つ 第6回「トモダチボウル」 MVPは法大QB五十嵐

国内【2017/03/13】

 日米親善試合、第6回「トモダチボウル」は3月12日、東京・アミノバイタルフィールドで行われ、関東学生リーグの19歳以下の大学1年生と関東の高校生で構成した日本(Team Rising Sun)が、米軍基地の高校選抜チーム(ASI...【続きを読む】

【編集後記】Vol.176

【編集後記】Vol.176

国内【2017/03/10】

 Xリーグの東日本王者を決める「パールボウルトーナメント」は、「春の風物詩」としてすっかり定着した。  この大会は元々、学生と社会人の強豪が対戦する親善試合「パールボウル」として、1976年に始まった。  第1回大会は日大と企...【続きを読む】

【編集後記】Vol.175

【編集後記】Vol.175

国内【2017/03/03】

 関学大の監督を長く務めた武田建さんは、経験豊富な心理学者としても知られている。  80歳を過ぎ、日本のアメリカンフットボールの殿堂入りも果たした「プロフェッサー」と、年明け早々にじっくり話をする機会があった。  今でも関学高...【続きを読む】

【編集後記】Vol.174

【編集後記】Vol.174

国内【2017/02/24】

 歴史を感じさせる、瀟洒(しょうしゃ)な佇まいが印象的な立教大学池袋キャンパス。2月19日、アメリカンフットボール部「ラッシャーズ」の2016年度納会は、その校舎の一角で行われた。  立教は昨シーズン、関東学生リーグTOP8に...【続きを読む】

【編集後記】Vol.173

【編集後記】Vol.173

国内【2017/02/17】

 シーズンが終わって、今でも時々思い出す試合がある。  2016年12月4日の「全日本大学選手権西日本代表決定戦」の関学大―立命大。関西学生リーグの2強が対戦した万博記念競技場は、途中から雨になった。  両校の顔合わせは、リー...【続きを読む】

【編集後記】Vol.172

【編集後記】Vol.172

国内【2017/02/10】

 2年連続で早大を甲子園ボウルに導いた濱部昇監督が退任し、後任に高岡勝アシスタントヘッドコーチが昇格した。  新チームは既に、新監督の下で関東学生リーグ3連覇に向けて始動している。  早大は、監督の任期を原則2年と定めている。...【続きを読む】

【編集長の独り言】=「読書の効能」

【編集長の独り言】=「読書の効能」

国内【2017/02/08】

 新聞記者の大先輩、尊敬する石井晃さんから今年も冊子が届いた。  石井さんが関学大ファイターズの公式ホームページに寄稿したコラム「スタンドから」の1年分をまとめた「栄光への軌跡」と、もう一冊は石井さんが編集局長を務める和歌山県田辺...【続きを読む】