ノジマ相模原が富士通破る オービック、IBM、LIXILも準決勝へ

ノジマ相模原が富士通破る オービック、IBM、LIXILも準決勝へ

国内【2017/05/22】

 Xリーグの東日本所属チームによる「パールボウルトーナメント」1次リーグは5月20、21日に富士通スタジアム川崎で行われIBM、LIXIL、オービック、ノジマ相模原が勝って6月4日の準決勝(富士通スタジアム川崎)に進出した。 ...【続きを読む】

早大が立命大に快勝 慶大は立教大下す 春季大学交流戦

早大が立命大に快勝 慶大は立教大下す 春季大学交流戦

国内【2017/05/22】

 春季大学交流戦は5月20、21日に東京・アミノバイタルフィールドなどで行われ、昨シーズンの関東王者・早大は立命大を32―21で破った。  関東学生リーグ1部TOP8同士の対戦は、慶大が立教大を23―10で下し、日大はXリーグ...【続きを読む】

【編集後記】Vol.185

【編集後記】Vol.185

国内【2017/05/19】

 プロ野球のバッターは「打率3割」が一流選手の目安になっている。つまり、10回のうち7回は失敗が許されるのである。  アメリカンフットボールには、ディフェンスバック(DB)というポジションがある。守備の後方に位置して、相手ワイ...【続きを読む】

東京は佼成学園、兵庫は啓明学院が優勝 高校春季大会

東京は佼成学園、兵庫は啓明学院が優勝 高校春季大会

国内【2017/05/15】

 高校の春季大会は5月14日、東京と兵庫で決勝を行い、東京は昨シーズン日本一の佼成学園、兵庫は啓明学院がライバル関西学院を破って初優勝した。  佼成学園は、決勝で早大学院に38―14で快勝。啓明学院は14―0で関西学院に完封勝...【続きを読む】

決勝は西南学院大―福岡大 第1回九州学生選手権

決勝は西南学院大―福岡大 第1回九州学生選手権

国内【2017/05/15】

 第1回九州学生選手権は5月13日、福岡・春日公園球技場で準決勝を行い、西南学院大と福岡大が決勝(平和台ボウル=7月1日・春日公園球技場)に進出した。  西南学院大は久留米大を31―19で破り、福岡大は九大に28―21で競り勝...【続きを読む】

関学大は明大、早大は関大に快勝 大学定期戦、交流戦

関学大は明大、早大は関大に快勝 大学定期戦、交流戦

国内【2017/05/15】

 大学の定期戦、交流戦が5月13、14日に東京・アミノバイタルフィールドなどで行われ、関学大は明大との定期戦で22―7と快勝した。関学大は今春のシーズンで慶大、日大、明大と関東学生リーグ1部TOP8のチームに3連勝。  早大―...【続きを読む】

【編集後記】Vol.184

【編集後記】Vol.184

国内【2017/05/12】

 「低く、速く、強く!」という監督の指示の下、練習の大半はダミーチャージを繰り返していた。  遠い昔の学生時代。「当たること」が〝商売〟の攻守ラインだけではなくQB、WRといったボールを扱うスキルポジションも、例外なく当たっていた...【続きを読む】

ノジマ相模原、アサヒビールなどが勝つ パールボウルトーナメント

ノジマ相模原、アサヒビールなどが勝つ パールボウルトーナメント

国内【2017/05/08】

 Xリーグの東日本所属チームによる「パールボウルトーナメント」は5月4、7日に富士通スタジアム川崎で1次リーグの4試合を行いノジマ相模原、オール三菱、東京ガス、アサヒビールが勝った。  ノジマ相模原は、RB宮幸の3TDなどで得...【続きを読む】

慶応、立教新座、大産大付、同志社国際が優勝 各地区春季高校大会

慶応、立教新座、大産大付、同志社国際が優勝 各地区春季高校大会

国内【2017/05/08】

 各地区の春季高校大会は5月5、7日に東京・早大東伏見などで行われ、関東は慶応(神奈川)、立教新座(埼玉・茨城・千葉)が優勝した。  東京都大会は準決勝を行い、昨年の日本一・佼成学園と早大学院が14日の決勝に進出した。  関西...【続きを読む】

日大は日体大、立教大に連勝 慶大は同志社大との定期戦制す

日大は日体大、立教大に連勝 慶大は同志社大との定期戦制す

国内【2017/05/08】

 大型連休中の5月3日から7日にかけて、大学の交流戦、定期戦が東京・アミノバイタルフィールドなどで行われ、日大は同じ関東学生リーグ1部TOP8所属チームの日体大、立教大に連勝した。  慶大は同志社大との定期戦を27―17で制し、明...【続きを読む】