富士通、オービックが6戦全勝でJXBトーナメントへ Xリーグ

富士通、オービックが6戦全勝でJXBトーナメントへ Xリーグ

国内【2016/11/01】

 Xリーグは10月29、30日に各地でレギュラーシーズン最終第6節の9試合を行い、上位「スーパー9」で6戦全勝の1位富士通(東地区)と2位オービック(中地区)をはじめ、3位パナソニック(西地区)、4位LIXIL(中地区)、5位IB...【続きを読む】

世田谷ハリケーンズが快勝 関東小学生秋季リーグ戦

世田谷ハリケーンズが快勝 関東小学生秋季リーグ戦

国内【2016/11/01】

 関東小学生連盟主催の秋季リーグ戦は10月30日、東京・アミノバイタルフィールドで2回戦の第1試合を行い、世田谷ハリケーンズが川崎リトルグリーンマシーンに42―12で快勝した。世田谷は1回戦に続いて同カード2連勝。  世田谷は...【続きを読む】

関西学院、大産大付が勝つ 全国高校選手権関西大会1回戦

関西学院、大産大付が勝つ 全国高校選手権関西大会1回戦

国内【2016/10/31】

 全国高校選手権関西大会は10月29日、神戸市王子スタジアムで1回戦を行い、関西学院(兵庫2位)と大産大付(大阪3位)が勝ってベスト8に進出した。  関西学院は関西大倉(大阪2位)に30―0で快勝。大産大付も同志社国際(京都2...【続きを読む】

法大、慶大が5戦全勝、日大は2敗 名城大、福井県立大が優勝

法大、慶大が5戦全勝、日大は2敗 名城大、福井県立大が優勝

国内【2016/10/31】

 学生リーグは10月29、30日に各地で行われ関東学生TOP8は法大と慶大が5戦全勝とした。  ライバル日大と対戦した法大は、前半を10―24とリードされた。しかし、後半に17得点すると同時に、守備が日大を無得点に抑えて27―...【続きを読む】

【編集後記】Vol.157

【編集後記】Vol.157

国内【2016/10/28】

 同じポジションに、持ち味が違う優秀な選手を複数抱えている。さて、どうするか。監督としては迷うところである。  1970年代後半、日大にはタイプの違うエース級QBが二人いた。ランに切れ味がある金井義明と、2年後輩で抜群のパッシ...【続きを読む】

【編集長の独り言】=「負けないカモメ」

【編集長の独り言】=「負けないカモメ」

国内【2016/10/25】

 小柄な体を守るために身につけていた筋肉の鎧(よろい)を脱いで、すっかりスリムになった。  今季、Xリーグ・オービックのヘッドコーチ(HC)に就任した、元日本代表主将の古庄直樹さんが率いるチームは、リーグ戦5連勝と好調だ。  ...【続きを読む】

オービックが5連勝、IBMをタイブレークで破る Xリーグ第5節

オービックが5連勝、IBMをタイブレークで破る Xリーグ第5節

国内【2016/10/25】

 Xリーグは10月22、23日に富士通スタジアム川崎などで第5節の残り3試合を行い、上位リーグ「スーパー9」のオービック(中地区)が延長タイブレークの末IBM(東地区)を24―23で破り5連勝とした。IBMは2勝3敗。  17...【続きを読む】

北大、東北大、島根大、西南大が優勝 関学大は関大との全勝対決制す

北大、東北大、島根大、西南大が優勝 関学大は関大との全勝対決制す

国内【2016/10/24】

 学生リーグは10月22、23日に各地で行われ、北海道は北大が4年連続24度目の優勝を5戦全勝で飾った。  北大は、東北で5年連続30度目の優勝を決めた東北大と、11月5日に北海道で行われる全日本大学選手権東日本代表決定準決勝で対...【続きを読む】

【編集後記】Vol.156

【編集後記】Vol.156

国内【2016/10/21】

 「カープ」のプロ野球セ・リーグ優勝で活気づく広島市の中心から、車で20分ほど走った高台に、中四国学生リーグの主会場「広島広域公園第二球技場」はある。  1部リーグは今季、広島大、島根大、山口大、愛媛大の4校で構成されている。...【続きを読む】

富士通、5戦全勝でJXBトーナメント進出 LIXIL、パナは4勝目

富士通、5戦全勝でJXBトーナメント進出 LIXIL、パナは4勝目

国内【2016/10/18】

 Xリーグは10月15、16日、大阪・キンチョウスタジアムなどで第5節の6試合を行い、富士通(東地区)がエレコム神戸(西地区)を34―0で破り5戦全勝とし、リーグ戦1試合を残して、社会人日本一を決めるジャパンエックスボウル(JXB...【続きを読む】