高校の各地区秋季大会は10月7、8日に行われ、東京都大会は2年連続高校日本一を目指す佼成学園が2年連続3度目の優勝を果たした。
 神奈川県大会は慶応が5年連続18度目、埼玉・茨城・千葉県大会は埼玉栄が5年ぶり6度目の優勝を決めた。


 大阪府大会は決勝トーナメント準決勝を行い、関大一と大産大付が決勝に進出した。
 兵庫県大会も決勝トーナメント準決勝を実施し、啓明学院と関西学院が決勝に進んだ。
 静岡県大会は、知徳が全国大会につながる関東大会への出場権を獲得。同志社国際(京都府2位)は長浜北(滋賀県2位)に42―15で勝ち、「京滋第3代表」として全国大会への出場権を手にした。


 【東京都大会】=10月8日・アミノバイタルフィールド
 ▽決勝
佼成学園21―14駒場学園
 ▽3位決定戦
足立学園54―39日大鶴ケ丘


 【神奈川県大会】=10月8日・慶応日吉
 ▽決勝
慶 応53―20県立横浜栄


 【埼玉・茨城・千葉県大会】=10月8日・立教新座
 ▽決勝
埼玉栄17―14立教新座


 【大阪府大会】=10月8日・箕面自由学園
 ▽決勝トーナメント準決勝
大産大付21―0追手門学院
関大一35―7高 槻


 【兵庫県大会】=10月7日・啓明学院
 ▽決勝トーナメント準決勝
関西学院23―7仁川学院
啓明学院35―8市立西宮

【写真】東京都大会で優勝した佼成学園のRB森川=撮影:seesway