学生リーグは9月9日に関東1部BIG8が開幕。東大、駒大、横国大、国士舘大が初戦を白星で飾った。


 東大は、試合開始のキックオフでRB荒井が99ヤードのリターンTDを記録して先制。その後も攻守で試合の指導権を握り、春の試合で敗れた桜美林大に38―14で快勝した。


 関西は9、10日に第2節を行い、王者・関学大が桃山学院大に65―0で圧勝。今季好調の京大は、龍谷大を41―9で破り2連勝とした。
 関学大と京大は22日に京都・西京極陸上競技場で対戦する。
 立命大は同志社大を下して2連勝、開幕戦で京大に敗れた関大は、甲南大に競り勝ち今季初勝利を挙げた。


 北海道は北大が2連勝。東北の東北大も2勝目を挙げた。中四国は連覇を狙う島根大と広島大が開幕2連勝とした。


 ▽北海道(9月10日・円山陸上競技場)
札幌大14―12帯広畜産大
2勝1敗    1勝1敗
北 大20―18北星学園大
2勝      1勝1敗


 ▽東北(9月10日・ダイナヒルズ運動公園)
東北学院大25―13秋田大
1勝        1勝1敗
東北大63―7仙台大
2勝     2敗


 ▽関東1部BIG8(9月9、10日・アミノバイタルフィールド)
駒 大44―0一橋大
横国大47―2東海大
国士舘大44―21東学大
東 大38―14桜美林大


 ▽関西(9月9、10日・神戸市王子スタジアムほか)
関学大65―0桃山学院大
2勝     2敗
京 大41―9龍谷大
2勝     1勝1敗
関 大20―12甲南大
1勝1敗    2敗
立命大45―3同志社大
2勝     2敗


 ▽中四国(9月10日・広島広域公園第二球技場)
島根大22―6愛媛大
2勝     2敗
広島大17―13高知大
2勝      2敗

【写真】関東1部BIG8の桜美林大戦で、先制の99ヤードキックオフリターンTDを記録するなど大活躍だった東大RB荒井=撮影:seesway