Xリーグのパールボウルトーナメントが4月22日、富士通スタジアム川崎で開幕、1次リーグを行い、昨シーズンの日本一・富士通をはじめIBM、LIXIL、オービックが順当勝ちした。


 オービックは、ハワイ出身の新人QBイカイカ・ウーズィーが先発出場。4TDパス、1TDランと上々のデビューを果たし、明治安田に65―0で快勝した。


 警視庁と対戦した富士通は、エースQBコービー・キャメロンを温存。平本恵也、高木翼が指揮した攻撃はWR岩松慶将への3TDパスなどで得点を重ね、守備陣も相手のオフェンスを封じ49―0で勝った。


 IBMはBULLSを34―3で破り、LIXILは富士ゼロックスを52―6で下した。

【写真】日本でのデビュー戦で4TDパス、1TDランと活躍したオービックQBイカイカ・ウーズィー=撮影:Yosei Kozano