東京都アメリカンフットボール協会主催の、第9回「東西中学生オールスター交流戦」は3月20日、富士通スタジアム川崎で行われ、関西代表が関東代表に13―12で競り勝った。


 関西代表は、一年ごとに『大阪・兵庫地区選抜』と「京都・滋賀・中部地区選抜」が交互にチームを結成。今回は「京都・滋賀・中部地区選抜」が出場した。


 試合は前半、関東代表がQB泉岳斗(世田谷ブルーサンダース)を中心にテンポのいい攻撃を展開したが、徐々に関西代表がランプレーを中心に追い上げ、試合終了間際に逆転して勝利した。


 最優秀選手には、終了間際に同点に追い付くTDパスをキャッチしたWR関口温暉(立命館宇治)、敢闘賞はQB泉岳斗、優秀ライン賞はOL/DL藤原侑也(南山)、LB蓑崎航大(足立学園)、優秀バックス賞はQBユン・インソク(立命館宇治)、RB石田優樹(ジュニアシーガルズ)がそれぞれ選ばれた。


      1Q 2Q 3Q 4Q 合計
関西代表  0  0  6  7  13
関東代表  0  6  6  0  12

【写真】両チームの集合写真=写真提供・東京都アメリカンフットボール協会