第70回日本選手権(ライスボウル)は1月3日、東京ドームで3万3521人の観衆を集めて行われ、社会人王者の富士通が学生王者の関学大を30―13で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。
 最優秀選手(ポール・ラッシュ杯)には、3TDパスを決めた富士通のQBコービー・キャメロンが選ばれた。


 それまでの東西学生オールスター戦から、1984年に日本選手権となった同ボウルの通算成績は社会人の22勝12敗。


 富士通は第1クオーター、キャメロンからWR中村輝晃クラークへの30ヤードTDパスとキッカー西村豪哲の2FGで13―0。第2クオーターにもキャメロン―中村の51ヤードTDパスが決まり、前半を20―0で折り返した。


 富士通は、第3クオーターに1TD、1FGを追加。15年ぶりの日本一を目指した関学大は、第3クオーター13分50秒にRB橋本誠司の3ヤードTDラン、第4クオーター14分15秒にはQB伊豆充浩からWR亀山暉への6ヤードTDパスで得点したが、前半の失点が響いて追いつけなかった。


    1Q 2Q 3Q 4Q 合計
関学大  0  0  6  7 13
富士通 13  7 10  0 30


 【富士通・藤田智ヘッドコーチの話】
 スコアは、思った以上に開いた。もっと苦戦すると思った。関学は強かった。攻守ラインの力があり、2年前に対戦したときより手ごわかった。キャメロンとクラークのコンビでTDを取れたのがよかった。2度目の日本一にはほっとしている。


 【関学大・鳥内秀晃監督の話】
 ロングパスで取られた3本のTDが痛い。ああいうのは、学生同士の試合では経験できない。想定はしていたが、防ぎきれなかった。オフェンスは攻めあぐねて、勝負どころで成功しなかった。作戦だけでなく、個人のレベルを上げないと社会人には太刀打ちできない。

【写真】関学大を破って日本一に輝き、選手から手荒く祝福される富士通の藤田智ヘッドコーチ=東京ドーム