全国高校選手権の関東、関西大会は11月3日から6日にかけて各地で準々決勝を行い、関東は佼成学園(東京1位)慶応(神奈川1位)早大学院(東京2位)、関西は啓明学院(兵庫1位)関西学院(同2位)立命館守山(滋賀1位)などがベスト4に進出した。


 関東、関西ともに準決勝は13日で、東京・アミノバイタルフィールドで開催される関東の組み合わせは慶応―早大学院、駒場学園(東京4位)―佼成学園。大阪・万博フィールドで行われる関西は、啓明学院―大産大付(大阪3位)、関西学院―立命館守山となった。


 【全国高校選手権】
 ▽関東大会準々決勝(11月6日・駒沢第二球技場ほか)
駒場学園42―0立教新座
(東京4位)(埼玉・茨城・千葉1位)
佼成学園42―31法政二
(東京1位)(神奈川2位)
慶 応31―14日大鶴ケ丘
(神奈川1位)(東京3位)
早大学院21―7知 徳
(東京2位)(静岡1位)


 ▽関西大会準々決勝(11月3、5日・万博フィールドほか)
立命館守山40―13崇 徳
(滋賀1位) (広島1位)
関西学院28―7立命館宇治
(兵庫2位) (京都1位)
大産大付24―17海陽学園
(大阪3位) (東海1位)
啓明学院16―0関大一
(兵庫1位)(大阪1位)

【写真】準決勝に進出した関西学院のRB三宅(21)=撮影:山口雅弘