高校の各地区大会が10月9、10日に行われ3年連続日本一を目指す関西学院、啓明学院(ともに兵庫)佼成学園、早大学院(ともに東京)慶応(神奈川)関大一、関西大倉(ともに大阪)などが全国大会への出場権を獲得した。


 【東京大会】=アミノバイタルフィールド
 ▽決勝
佼成学園34―24早大学院
 ▽3位決定戦
日大鶴ケ丘14―10駒場学園
(上位4校は全国大会に出場)


 【神奈川大会】=慶応日吉陸上競技場ほか
 ▽決勝
慶 応19―13法政二
 ▽3位決定戦
横浜南陵21―0横浜栄
(慶応、法政二は全国大会へ。横浜南陵は10月15日に新潟の開志国際とプレーオフを実施)


 【埼玉・茨城・千葉大会】=立教新座
 ▽決勝
立教新座17―14千葉日大一
(立教新座、千葉日大一は全国大会に出場)
 ▽3位決定戦
埼玉栄49―7浦和学院


 【静岡大会】=知徳
知 徳65―0浜松開誠館
(知徳は既に全国大会出場が決定)


 【大阪大会】=関大一
 ▽決勝トーナメント準決勝
関大一21―7大阪学芸
関西大倉13―7大産大付属
(関大一、関西大倉は全国大会に出場)


 【兵庫大会】=啓明学院
 ▽決勝トーナメント準決勝
関西学院63―0六 甲
啓明学院17―6仁川学院
(関西学院、啓明学院は全国大会に出場)


 【京都・滋賀】=立命館守山
 ▽京滋第3代表決定戦
同志社国際3―0長浜北
(同志社国際は京都1位の立命館宇治、滋賀1位の立命館守山と全国大会に出場)

【写真】堂々としたプレーを披露した関大一の1年生QB篠原(7)=撮影:山口雅弘