日本社会人アメリカンフットボールXリーグは、春の東日本社会人選手権「パールボウル」の準決勝を5月29日に富士通スタジアム川崎で行い、LIXILディアーズとIBMビッグブルーが勝って、6月13日の決勝(東京ドーム)に進出した。


 LIXILはオービック・シーガルズに、2点をリードされた第4クオーター残り38秒から劇的なリターンタッチダウン(TD)で逆転勝ちした。IBMはノジマ相模原ライズを前半から大量点でリードし、第4クオーターに反撃されたが逃げ切った。


 LIXILとしては決勝は初、鹿島時代も含めると3年ぶり11度目。IBMも初めての決勝進出となった。


 ▽パールボウル準決勝(5月29日・富士通スタジアム川崎)
L I X I L21―16オービック
I B M34―21ノジマ相模原

【写真】残り38秒、勝負を決めたLIXIL前田のリターンTD=撮影:Yosei Kozano