昨シーズン日本一になったパナソニック・インパルスのQB高田鉄男選手(34)が、2016年シーズンも現役を続行する意思を正式に表明した。5月13日付で、チームのホームページで明らかにした。


 大産大附属高、立命大、パナソニックそして日本代表のQBとして、常に日本のトップレベルでプレーしてきた高田選手は、昨シーズン終了後に第一線からの引退を示唆していたが、このほど現役続行を決意した。
 高田選手はファン、関係者に向けて以下のメッセージをホームページ上で発表した。


 「長年お世話になったインパルスという素晴らしいチームに、ライスボウル終了時から、何か貢献できることがないか考えました。選択肢は他にもありましたが、私が一番貢献できることは選手としてプレーすることだと考え、現役続行を決めました。ご心配をお掛けしましたが、今からエンジン全開で走り続けます。今年は『連覇』という大変高い目標にチャレンジしていくインパルスに、引き続き熱いご声援よろしくお願いいたします。皆さまのご声援がインパルスを勝利に導きます! +ONEの力で!」

【写真】昨年の日本社会人選手権で優勝を決めて、笑顔で走り出すパナソニックのQB高田選手=撮影:Yosei Kozano