大学の春季交流戦が4月23、24日東京・アミノバイタルフィールドなどで行われ、高橋宏明新監督の下、新体制で2016年シーズンを迎えた日大は、横浜国大に73―6で大勝した。


 積極的に試合を組んでいる慶大は一橋大に58―3、駒大に71―7で連勝。明大は関大に51―0で快勝し、中大は近大を24―10で下した。


 水野彌一前京大監督がコーチングスタッフに加わった注目の立教大は、桃山学院大を24―7で破った。


 ▽春季交流戦(アミノバイタルフィールドほか)
慶 大58―3一橋大
東学大37―7上智大
東 大31―7学習院大
立教大24―7桃山学院大
明 大51―0関 大
法 大70―0大東文化大
日 大73―6横国大
中 大24―10近 大
慶 大71―7駒 大

【写真】今シーズンからエースナンバー「10」をつける日大QB高橋=撮影:seesway