関東小学生アメリカンフットボール連盟主催の秋季リーグ戦第4日は11月15日、東京・アミノバイタルフィールドで行われ、相模原ライズJrが31―6で川崎リトルグリーンマシーン(LGM)に勝った。 両チームの対戦は、10月12日に続いて相模原ライズJrの2連勝。


 相模原ライズJrは前半、小野一真選手(5年)の2ヤードTDランと、小野選手から宮本樹音選手(4年)への35ヤードTDパスで12点を挙げた。後半に入っても宮本選手と吉浦悠人選手(4年)のTDランで加点した。
 川崎LGMは、第4クオーターに須藤周人選手(6年)の4ヤードランで1TDを返した。


川 崎 L G M  0  0  0  6=6
相模原ライズJr  12 0  7 12=31

【写真】好調だった青のジャージー相模原ライズJrのオフェンス=写真提供・関東小学生アメリカンフットボール連盟