日本社会人Xリーグは11月15日にセカンドステージ上位リーグ「スーパー9」第3週の3試合を東西の2会場で行い、富士通(東地区1位)、パナソニック(西地区1位)、IBM(中地区1位)が勝った。


 横浜スタジアムでは、富士通がLIXIL(中地区2位)に34―24で勝った。大阪・キンチョウスタジアムでは、IBMがアサヒ飲料(西地区2位)を37―20で下し、パナソニックはノジマ相模原(東地区2位)を36―0で破った。


 この結果、準決勝に進む4チームが決まり、1位富士通(7勝)、2位パナソニック(7勝)、3位ノジマ相模原(5勝2敗)、4位オービック(5勝2敗)となった。
 LIXILとIBMも5勝2敗だったが、勝った相手の勝利数の合計がノジマ相模原とオービックが9だったのに対し、LIXILとIBMは8だった。


 11月29日の準決勝の組み合わせは富士通―オービック(横浜スタジアム)、パナソニック―ノジマ相模原(キンチョウスタジアム)となった。


 下位リーグの「バトル9」では、14、15日の試合の結果、オール三菱とアズワンがともに4勝3敗で11月29日のファイナル(横浜スタジアム)に進出した。


 ▽スーパー9
富士通34―24LIXIL
IBM37―20アサヒ飲料
パナソニック36―0ノジマ相模原


 ▽バトル9
アズワン44―0名古屋サイクロンズ
東京ガス21―14明治安田
オール三菱52―21BULLS

【写真】第2Q、富士通QBキャメロンが自ら走ってTD=撮影:Yosei Kozano