日本社会人Xリーグは11月7、8日にセカンドステージ上位リーグ「スーパー9」第2週の3試合を行い、オービック(東地区3位)、ノジマ相模原(東地区2位)、LIXIL(中地区2位)が勝った。オービックは5勝2敗、ノジマ相模原とLIXILは5勝1敗となった


 オービックはアサヒ飲料(西地区2位)と対戦、第1クオーターに3TDを挙げて大量リードを奪い、52―9で完勝した。
 ノジマ相模原はアサヒビール(中地区3位)に先制を許したが、第3クオーターに同点として試合は延長タイブレークに。タイブレーク1回目にRB富澤が決勝点となるタッチダウンを挙げ、14―7で競り勝った。
 LIXILはエレコム神戸(西地区3位)と対戦し、QB加藤がパスで4TDを決めて35―8で快勝した。


 この結果、富士通、パナソニック(ともに6勝)ノジマ相模原がリーグ規定で4位以内を決め、準決勝に進出。LIXILとオービックは第3週の結果次第で準決勝進出の可能性を残した。IBM(4勝2敗)、アサヒ飲料(4勝2敗)は、1試合を残しながらリーグ規定で5位以下が決まった。
 アサヒビールは4勝3敗、エレコム神戸は3勝4敗で今季の日程を終了した。


 15日には富士通―LIXIL(横浜スタジアム)、IBM―アサヒ飲料、パナソニック―ノジマ相模原(ともに大阪・キンチョウスタジアム)の3試合が行われ、準決勝に進出する4チームが決まる。


 ▽スーパー9
オービック52―9アサヒ飲料
ノジマ相模原14―7アサヒビール
LIXIL35―8エレコム神戸


 ▽バトル9
東京ガス31―28警視庁
明治安田27―9ハリケーンズ
名古屋サイクロンズ10―9富士ゼロックスJ-Stars

【写真】第1Q、オービックTE高木がパスをキャッチして先制のTD=撮影:Yosei Kozano