関東小学生アメリカンフットボール連盟主催の秋季リーグ戦第2日は10月25日、富士通スタジアム川崎で行われ、世田谷ハリケーンズが52―15で川崎リトルグリーンマシーンに勝った。


 試合は第1クオーターに世田谷がRB小松桜河選手(6年)の65ヤードTDランで先制。さらにQB松澤颯輝選手(5年)の70、66ヤードTDランなどで加点した。
 川崎は後半、QB木村遊河選手(6年)がWR須藤周人選手(6年)への45ヤードTDパスと自らのランでTDを挙げた。


 第3日は、11月1日に東京・アミノバイタルフィールドで相模原ライズJrと世田谷が対戦する。


世田谷H  20 13 7 12=52
川崎LGM  0  0  7  8=15

【写真】TDパスを決めるなど大活躍だった世田谷ハリケーンズのQB松澤颯輝選手(14)=写真提供・関東小学生アメリカンフットボール連盟