学生リーグは10月17、18日の両日、各地で行われ、北海道は既に3年連続23度目の優勝と全日本大学選手権進出を決めていた北大が全勝でリーグ戦を終了。中四国は広島大が2年連続17度目の優勝を決め、九州は西南学院大が全勝で2年連続15度目の優勝を果たした。
 広島大と西南学院大は、全日本大学選手権の西日本代表決定戦1回戦(11月1日、福岡平和台競技場)で対戦する。


 関東1部BIG8は、立大が4戦全勝、拓大と帝京大は3勝目(1敗)を挙げた。東北は東北大と岩手大が3勝で並んでいる。北陸は金沢大が3勝で首位、東海は優勝候補筆頭の名城大が4勝目を挙げた。


 ▽北海道学生1部(10月18日・円山陸上競技場)
帯広畜産大30―13札幌学院大
北 大35―30札幌大
 〈順位〉①北大5勝②帯広畜産大3勝2敗③北海学園大3勝2敗④札幌大2勝3敗⑤札幌学院大1勝4敗⑥北星学園大1勝4敗
 (2、3位と5、6位は当該チームの対戦成績による)


 ▽東北学生1部(10月18日・ダイナヒルズ運動公園)
岩手大26―0秋田大
3勝     2勝2敗
東北大49―14東北学院大
3勝      3敗


 ▽関東学生1部BIG8(10月17、18日・アミノバイタルフィールド)
帝京大3―3駒 大
3勝1敗  2勝2敗
(延長タイブレークで帝京大の6―3)
拓 大14―10東 大
3勝1敗    2勝2敗
横国大15―12東海大
2勝2敗    4敗
立 大38―10一橋大
4勝      4敗


 ▽北陸学生(10月18日・石川県西部緑地公園陸上競技場)
富山大47―7金沢工大
1勝2敗   4敗
金沢大27―14福井大
3勝      1勝2敗


 ▽東海学生1部(10月17、18日・東員町スポーツ公園陸上競技場ほか)
南山大18―0愛知学院大
1勝3敗   4敗
名 大28―0愛知大
3勝1分け  1勝3敗
名城大43―14中京大
4勝      2勝1分け1敗


 ▽中四国学生1部(10月18日・広島広域公園第二球技場)
〈優勝決定戦〉
広島大14―10島根大
〈3、4位決定戦〉
愛媛大24―17高知大


 ▽九州学生1部(10月18日・熊本県民総合運動公園)
九 大31―14福岡教育大
久留米大27―0琉球大
西南学院大29―22福岡大
 〈順位〉①西南学院大5勝②久留米大4勝1敗③福岡大3勝2敗④九大2勝3敗⑤琉球大1勝4敗⑥福岡教育大5敗

【写真】中四国リーグで優勝した黒いジャージーの広島大=写真提供・中四国学生アメリカンフットボール連盟