関東小学生アメリカンフットボール連盟主催の秋季リーグ戦が10月12日、東京・アミノバイタルフィールドで開幕、、第1日は1試合を行いノジマ相模原ライズJrが20―14で川崎リトルグリーンマシーンに勝った。


 試合はノジマ相模原が第1Qに小野一真から広瀬壮太への27ヤードパスで先制(TFPキック失敗)。川崎は第2Qに長島秀羽から木村游河への1ヤードパスとTFPのキックを成功させて7―6と逆転した。
 しかし、ノジマ相模原はその後、小野が宮本樹音へのTDパスとTFPの2点コンバージョンを決めて、前半を14―7で折り返した。


 第3Qはともに無得点。第4Qに互いに1TDを挙げ、ノジマ相模原が逃げ切った。

【写真】先制TDを挙げたノジマ相模原Jrの小野選手(1)と広瀬選手=写真提供・関東小学生アメリカンフットボール連盟