高校の地区大会は10月10、11日に全国各地で行われ、東京は早大学院が決勝で足立学園を37―20で破り2年ぶり10度目の優勝を果たした。準優勝の足立学園、3位の都立西、4位の日大三の4校が関東大会に出場する。


 神奈川は慶応が決勝で法政二の20―15で競り勝ち2年連続15度目の優勝。埼玉・茨城・千葉は立教新座が3年連続13度目の優勝を果たした。静岡大会は、昨シーズン旋風を巻き起こした清水国際を知徳が17―14で下し関東大会に進出した。


 大阪は準決勝を行い、関大一と関西大倉が決勝に進出。兵庫も準決勝を行い、関西学院と啓明学院が勝った。


 【東京大会】=富士通スタジアム川崎
 ▽決勝
早大学院37―20足立学園
 ▽3位決定戦
都立西24―7日大三
(早大学院は2年ぶり10度目の優勝。早大学院、足立学園、都立西、日大三は関東大会に出場)


 【神奈川大会】=慶応義塾陸上競技場
 ▽決勝
慶 応20―15法政二
(慶応は2年連続15度目の優勝。慶応、法政二は関東大会に出場)


 【埼玉・茨城・千葉大会】=立教新座高
 ▽決勝
立教新座34―0千葉日大一
 ▽3位決定戦
埼玉栄33―14川越東
(立教新座は3年連続13度目の優勝。立教新座、千葉日大一は関東大会に出場)


 【静岡大会】=知徳高
知 徳17―14清水国際
(浜松開誠館を含めた3校のリーグ戦の結果2勝の知徳が関東大会に出場)


 【大阪大会】=箕面自由学園高
 ▽準決勝
関大一10―7箕面自由学園
関西大倉7―0大阪学芸


 【兵庫県大会】=関西学院第3フィールド
 ▽準決勝
関西学院24―0星陵
啓明学院46―14宝塚東


 【京都大会】=同志社国際高
 ▽京滋第2代表決定戦
同志社国際42―21長 浜
(同志社国際は京都代表の立命館宇治とともに関西選手権に出場)


 【東海大会】=南山大
 ▽リーグ戦
東 邦43―12東 海
海陽学園29―8南 山
▽リーグ戦順位 ①海陽学園3勝②東邦2勝1敗③東海1勝2敗④南山3敗
(海陽学園は全国大会に出場)


 【広島大会】=広島広域公園第二球技場
広島城北19―6崇 徳
(広島城北は全国大会に出場)

【写真】東京都大会を制した早大学院のオフェンス=撮影:seesway