「言葉」は大切だと思う。スポーツの世界でも、言い方一つで相手をやる気にさせることもあれば、腐らせてしまうこともある。
 選手は監督やコーチの何に敬意を払い彼らの方針に従うのか。それは言葉である。「表現力」と言ってもいいかもしれない。


 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で、過去2度のW杯優勝を誇る南アフリカを破った日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチはプロ中のプロである。現地からメディアを通じて伝わってくる彼の言葉は、実に明解で説得力に満ちている。
 世界一と言われる練習量で大金星を挙げた「JAPAN」の選手が、妥協を許さない猛練習に耐えたのは、そうしたリーダーの一言ひと言が心に響いたからではないかと推測する。


 競技スポーツの最大の目的は「勝つこと」である。それは、日本のアメリカンフットボール界で「名将」と言われた日大の篠竹幹夫前監督や京大の水野彌一前監督もはっきり口にしている。
 鉄拳制裁も辞さなかったことで知られる両監督だが、ともに卓越した言葉の「使い手」であったことも有名だ。


 数々の名言を残した二人の「名物監督」の指導法には賛否両論がある。しかし、やる気を引き出す魅力的な言葉をたくさん持っている指導者との出会いは、人間的に成長する上でとても大事である。


 「どうしてそうするのか」を、分かりやすくしっかり説明できる。時代は移り変わっても、言葉の大切さを理解している指導者には、いつか「勝利」という栄光が訪れるものだ。(編集長・宍戸博昭)

【写真】ラグビーのワールドカップで日本代表を率いるエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(共同)