日本社会人Xリーグは9月21、22日、富士通スタジアム川崎と東京・アミノバイタルフィールドで、東地区と中地区のファーストステージ第3節の4試合を行った。


 東地区は、富士通がオール三菱を69―10で破り、3連勝した。富士通のQBキャメロンはパスで407ヤード、7TDを決める活躍を見せた。
 オール三菱は前節で明治安田から45点を奪ったオフェンスが通じず、RB小形の89ヤードキックオフリターンTDとFGだけに抑えられた。


 中地区は、IBMが東京ガスを42―0で下し3試合連続で無失点。アサヒビールはハリケーンズに65-0で大勝した。両チームはともに3連勝で第4節に対戦する。LIXILはブルズのパス攻撃に苦戦しながらも、31―0で退けた。


 西地区は神戸・王子スタジアムなどで3試合を行い、エレコム神戸が富士ゼロックスJ―Starsに83―0で大勝。パナソニックは14―7でアサヒ飲料に競り勝ち、アズワンは名古屋に21―0で破った。


 東地区の残り2試合、ノジマ相模原対警視庁は25日に東京ドームで、オービック対明治安田は27日に秋津サッカー場(習志野市)で行われる。


 ▽東地区
富士通69-10オール三菱


 ▽中地区
アサヒビール65―0ハリケーンズ
IBM42―0東京ガス
LIXIL31―0ブルズ


 ▽西地区
エレコム神戸83―0富士ゼロックスJ―Stars
パナソニック14―7アサヒ飲料
アズワン21―0名古屋

【写真】第1Q、IBMのRB高木が46ヤードを走り切りTD=撮影:Yosei Kozano