1974~77年度に関西学生アメリカンフットボール1部リーグに所属した関学大、京大、甲南大、関大、同志社大、近大、桃山大、追手門大の8大学のOBが今年還暦を迎えるのを記念し、6月27日に大阪市内のホテルで「還暦同期会」を開催した。


 同期会には関学大から最多の16人が参加。関東から、今年60歳になる日大の内田正人監督をゲストに招き、総勢66人が出席した。


 77年の関西学生リーグは、関学大と京大が「涙の日生球場」と呼ばれ、今でも語りぐさになっている名勝負を繰り広げたシーズン。当時の両校のメンバーをはじめ、各大学のOBが38年前の学生時代を懐かしんだ。


 発起人の長谷部憲司さん(関大OB)は「我々関西人は、アメリカンフットボールは一番のメジャースポーツだというプライドを持っている。だから38年ぶりでも、ハドルがかかればこれだけの人間が集まったのだと思う」と話している。


 各大学の参加者は次の通り。(敬称略)
 【関学大】=16
 伊藤忠久、安座(小川)典久、荻原広達、高原(高)光秀、志浦康之、下山幸延、菅野昌知、杉田康博、竹田行彦、塚越敏弘、野村泰行、久田一則、姫田陽一、広川圭司、松井孝夫、吉田真明


 【京大】=6
 野崎治子、尾崎幹男、津島光、藤井(岡本)勝夫、宅田裕彦、相原敬


 【甲南大】=4
 松田充弊、萬田和士、安田繁、杉田智則


 【関大】=7
 長谷部憲司、中富信三、祁答院康規、山口雅弘、丸川忠温、渋谷信雄、谷口茂則


 【同志社大】=10
 泉康樹、上原伸之、梅澤悦郎、北川実、木下博之、澤田正三、清水泰生、伴憲一、好本一郎、米北昌二


 【近大】=7
 北村弘道、楠井正一、福島英直、柴田和信、坂田真紗寛、山本雅弘、佐藤寛


 【桃山大】=9
 中橋明彦、高村秀勲、竹谷康徳、豊嶋基嗣、綱永武雄、豊山容久、谷川隆、古川克己、青木康


 【追手門大】=6
 家田章夫、上田勝、須原義人、早瀬俊典、峰雪隆志、妹尾光尉


 【ゲスト】=1
 内田正人(日大)

【写真】還暦を迎える関西学生リーグ1977年度卒業組による「還暦同期会」が大阪市内のホテルで開かれた=撮影:山岡丈士