高校の関東大会最終日は6月14日、駒沢第二球技場で行われ、決勝で早大学院(東京1位)が慶応(神奈川1位)に26―15で勝ち、2年ぶり9度目の優勝を果たした。
 3位決定戦は佼成学園(東京2位)が法政二(神奈川3位)を35―21で下した。


 関西高校選手権は14日、神戸・王子スタジアムで準決勝を行い、高槻(大阪1位)と関西学院(兵庫1位)が決勝に進出した。
 高槻は啓明学院(兵庫2位)に28―21、関西学院は南山(東海地区1位)に19―12で競り勝った。


 X2のスプリングボウルは13日、大井第二球技場で行われ電通が20―3で富士ゼロックスを破った。
 また、今季X3に新加盟したクラブチームの「ZERO FIGHTERS」は、同球技場でオックス川崎と伊藤忠WINGS合同チームと対戦、48―8で快勝しチームとしての初戦を白星で飾った。


 【高校】
 ▽関東大会=駒沢第二球技場
決   勝 早大学院26―15慶 応
      (東京1位) (神奈川1位)
(早大学院は2年ぶり9度目の優勝)
3位決定戦 佼成学園35―21法政二
      (東京2位) (神奈川3位)
 ▽関西選手権準決勝=神戸・王子スタジアム
高 槻28―21啓明学院
(大阪1位) (兵庫2位)
関西学院19―12南  山
(兵庫1位) (東海地区1位)


 【大学】=清里ポールラッシュメモリアルフィールドほか
横浜国大9―3東北大
駒 大27―7東学大
明 大14―0国士舘大
桜美林大28―13東海大
帝京大7―3成蹊大
立教大10―7中京大


 【X2】=大井第二球技場
 ▽スプリングボウル
電 通20―3富士ゼロックス

【写真】2年ぶりに春の関東大会を制した早大学院=撮影:seesway