フラッグフットボールの全国大学OB対抗チャリティー大会「ハドルボウル2015」は4月11、12日、富士通スタジアム川崎で60チーム、約1350人が参加して行われ、37チームが参加したレギュラートーナメントは、法政大学が決勝で慶応大学を28―6で破り、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。


 シニアトーナメント(参加15チーム)は、日本体育大学が決勝で法政大学に18―13で競り勝って優勝。
 一般トーナメント(参加8チーム)は、ビーチフラッグフットボールチームの「Supercalifragilisticexpialidocious」が、決勝で慶応大学GrandUnicornsを32―24で下した。


 各カテゴリーの最優秀選手は次の通り。
▽レギュラー 吉田岳史選手(法政大学)
▽シ ニ ア  山本依里子選手(日本体育大学)
▽一   般  高橋甲大選手(Supercalifragilisticexpialidocious)

【写真】ロングパスを競り合う法大と慶大の選手たち=撮影:Yosei Kozano、4月12日、富士通スタジアム川崎