日本アメリカンフットボール協会は3月4日、7月に米オハイオ州カントンで開催される第5回世界選手権に出場する日本代表のコーチ、スタッフを発表した。
 ヘッドコーチ(HC)は前回に続きLIXILの森清之HCが務め、攻撃コーチにはアサヒビールの有馬隼人コーチが初めて就任した。


 代表選手は4月1日に1次候補選手75人が発表され、5月23日から強化練習が始まる。その後壮行試合などを経て、7月1日に大会に出場する45人の代表選手が決まる。


 日本代表コーチ、スタッフは次の通り。
 ヘッドコーチ 森清之(LIXIL)▽攻撃コーディネーター 富永一(LIXIL)▽攻撃コーチ 有馬隼人(アサヒビール)長谷川昌泳(日大)昌原史卓(IBM)▽守備コーディネーター 大橋誠(オービック)▽守備コーチ 延原典和(富士通)山中正喜(パナソニック)▽ドクター 反町武史(明理会中央総合病院)▽トレーナー 大隈重信(富士通)吉永孝徳(オービック)▽マネジャー真中久仁枝(LIXIL)中村友美(IBM)西川真理緒(アサヒビール)

【写真】日本代表を率いる森清之ヘッドコーチ