日本社会人Xリーグは2月22日、東京都内で2014年度の納会を開き、リーグの最優秀選手(MVP)に富士通のRBジーノ・ゴードンが選ばれた。
 最優秀新人選手には富士通のQBコービー・キャメロンが選出され、創部30年で初めて日本社会人選手権を制した今季の富士通の躍進を象徴する受賞となった。


 また、各チームのヘッドコーチの投票で選ばれた2014年シーズンの「オールXリーグ」が発表され、受賞者たちが来季への抱負を述べた。


 日本一の原動力となった富士通のLB鈴木將一郎は、「この年でLBとして一線でプレーできるのは、支えてくれる家族や職場の方々のおかげ」と周囲への感謝を口にした。
 オービックの新主将となることが決まったDB砂川敬三郎は、「コンビを組む三宅さんと一緒に受賞できたことがうれしい。この賞に恥じないように成長し続けたい」と、王座奪還に向けて早くも闘志を燃やしていた。


 各賞の受賞者は次の通り。
【オールXリーグ2014】
▽オフェンス
Cデレク・ファービー(ノジマ相模原)
G望月俊(富士通)
G山本祐介(オービック)
T黒川晴央(アサヒ飲料)
T小林祐太郎(富士通)
TEジョン・スタントン(IBM)
RBジーノ・ゴードン(富士通)
RB原卓門(オービック)
WR木下典明(オービック)
WR中村輝晃クラーク(富士通)
QBコービー・キャメロン(富士通)


▽ディフェンス
DL冨田祥太(オービック)
DL鈴木修平(LIXIL)
DLケビン・ジャクソン(オービック)
DLジェームス・ブルックス(IBM)
LB高橋睦巳(エレコム神戸)
LB大舘賢二郎(LIXIL)
LB鈴木將一郎(富士通)
DBアルリワン・アディヤミ(富士通)
DB三木慎也(富士通)
DB砂川敬三郎(オービック)
DB三宅剛司(オービック)


▽キッキング
K西村豪哲(富士通)
P青木大介(LIXIL)
R木下典明(オービック)

【最優秀選手】
RBジーノ・ゴードン(富士通)


【最優秀新人】
QBコービー・キャメロン(富士通)


【フェアプレー】
ハリケーンズ


【チアリーダー・オブ・ザ・イヤー】
フロンティアレッツ(富士通チアリーダー)

【写真】「オールXリーグ2014」=撮影:Yosei Kozano、22日