公益財団法人日本フラッグフットボール協会は12月2日、小学校の授業で考えた作戦を応募するイベント「作戦スーパーボウル」における、「甲子園ボウル特別賞」を発表した。
 日本全国から応募があった作戦の中から、日本フラッグフットボール協会と甲子園ボウル実行委員会の審査により、「大阪府・兵庫県」限定で1作戦が選ばれた。
 作戦を考えたクラスの生徒全員が12月14日に開催される甲子園ボウルに招待され、試合前に表彰式が行われる。


 ▽甲子園ボウル特別賞
大阪府八尾市立志紀小学校 6年4組 女子児童
作戦名「ダマしてダマしてパス作戦」

 【作戦の説明】
 (まずDが6点ゾーンのところまで走る)Aがボールを持っていて、Bがとったふりをして通り過ぎる。Bの数秒後、Cがとってスタートライン前でDにパスする。そのパスを受け取ったDが走る。

【写真】甲子園ボウル特別賞を受賞した「ダマしてダマしてパス作戦」の説明図