NFLのドラフト会議の舞台裏を描いた映画「ドラフト・デイ」(日本公開は来年1月30日)の試写会に行ってきた。
 主人公のクリーブランド・ブラウンズGM「サニー」を演じるのは、人気俳優ケビン・コスナー。ホイットニー・ヒューストンとの共演で話題になった「ボディガード」でのストイックな要人警護官役とは対照的に、オーナーや監督の思惑に翻弄されながらチームに必要な人材を獲得するため、時にはブラフも駆使して交渉する敏腕GMを演じている。


 他チームとの指名権交換では、大きな賭けに出る。指名候補選手は、フィールドでの実績だけではなく、どんな学生生活を送っていたかまで調査する。テンポのいいストーリー展開に、110分の上映時間はあっという間に過ぎた。
 ただ、この作品を日本の映画ファン、特に女性がどこまで理解できるかは、若干疑問だ。リーグの歴史や仕組みを知らないと、ついていけない部分があるからだ。これまでNFLに興味のなかった女性と鑑賞する際は、事前のレクチャーが必要かもしれない。


 ロジャー・グッデル現NFLコミッショナーをはじめ、往年のスター選手本人が出演していて、物語に厚みを加えている。
 指名される選手の家庭環境、有望新人の加入でトレードの憂き目に遭いそうなベテランの心理描写も巧みに盛り込まれている。お薦めの作品である。(編集長・宍戸博昭)

【写真】NFLドラフト会議の舞台裏を描いた映画「ドラフト・デイ」