関西学生リーグは関学大と立命大が勝って、ともに5戦全勝とした。関学大は伝統の「関京戦」で京大に35―7で快勝。立命大も関大に21―0で完封勝ちした。関大は4勝1敗。
龍谷大は同志社大を14―9で破り2勝3敗、近畿大も神戸大に7―3で競り勝ち2勝目(3敗)を挙げた。


 関東学生リーグは日大が立教大に66―0と圧勝し5連勝。法大も明大を41―14で下し、5戦全勝とした。早大は中大、慶大は日体大に勝ってともに3勝2敗とした。


 既に東北大の優勝が決まっている東北学生リーグは、岩手大が東北学院大を20―7で破り3勝1敗で2位となった。


 関東高校選手権は1回戦2試合を行い、早大学院(東京3位)と横浜栄(神奈川3位)が勝ち上がった。


【学生リーグ】
 ▽東北(ダイナヒルズ運動公園)
岩手大20―7東北学院大
東北大17―9仙台大
〈順位〉①東北大4勝②岩手大3勝1敗③東北学院大2勝2敗④仙台大1勝3敗⑤弘前大4敗


 ▽関東(アミノバイタルフィールド)
早 大43―14中 大
法 大41―14明 大
慶 大49―9日体大
日 大66―0立教大


 ▽関西(西京極陸上競技場ほか)
龍谷大14―9同志社大
関学大35―7京 大
近畿大7―3神戸大
立命大21―0関 大


 【高校】
▽関東選手権(1回戦・駒沢第二球技場)
早大学院41―0千葉日大一
(東京3位) (埼玉・茨城・千葉2位)
横浜栄34―26日大鶴ケ丘
(神奈川3位) (東京4位)

【写真】2本のTDパスを決めるなど立命大の攻撃をけん引したQB前田=写真提供:P-TALK、26日、キンチョウスタジアム