日本社会人Xリーグは東、中、西地区のファーストステージ各3試合を行い、東地区の富士通が今季好調のIBMを41―13で破り4勝目を挙げた。ノジマ相模原は17―0で明治安田を破り、IBMとともに3勝1敗。東京ガスはハリケーンズを37―0で下し、今季初勝利を挙げた。


 中地区はオービックがアサヒビールに14―0で勝ち4勝目。LIXILも太陽ビルマネジメントを79―0圧倒し4連勝とした。


 西地区はエレコム神戸が名古屋に49―10で快勝し4連勝。パナソニックはアズワンに48―0で大勝し、アサヒ飲料は西宮を35―7で破った。


 九州学生リーグは、西南学院大が九大を37―7で破って4戦全勝とし、2年ぶり14度目の優勝を決めた。西南学院大が鹿児島大との最終戦で敗れ、福岡大が琉球大に勝って1敗で並んだ場合は同率優勝となるが、直接対戦で勝っている西南学院大が全日本大学選手権に出場する。


 東海学生リーグは、8年ぶりに1部に復帰した岐阜大が愛知大を20―17で破り今季初白星。1部での勝利は11年ぶり。名城大は中京大に40―13で快勝。名大も32―16で南山大を下し、名城大と並んで開幕から3連勝とした。


 中四国学生リーグは、セカンドステージ・トーナメントを行い、ファーストステージ1位の島根大と同2位の広島大が勝った。両校は、10月19日に広島広域公園第二球技場で行われる決勝で、全日本大学選手権出場をかけて対戦する。


 北海道学生リーグは、北大が札幌大に17―7で勝ち4連勝。北陸学生リーグは福井県立大が富山大を43―0で破って3連勝とした。


 関東、関西学生リーグは試合がなかった。


 高校は東京都大会で準決勝を行い佼成学園と駒場学園が決勝に進んだ。敗れた早大学院、日大鶴ケ丘を加えた4校が関東大会に出場する。


 神奈川県大会も準決勝を行い慶応高と法政二が勝ち、関東大会出場を決めた。
埼玉・千葉・茨城県大会は準決勝で千葉日大一、立教新座が勝って決勝進出。関東大会への出場権も獲得した。


 大阪府大会は決勝トーナメント1回戦を行い、箕面自由学園と関大一が勝った。京都府大会は立命館宇治が1位となり、京都府代表として全国大会出場が決定。同志社国際と長浜が「滋賀・京都第2代表」をかけて10月11日に対戦する。


 【Xリーグ】=1Stステージ(川崎富士見球技場ほか)
 ▽東地区
富士通41―13IBM
東京ガス37―0ハリケーンズ
ノジマ相模原17―0明治安田


 ▽中地区
LIXIL79―0太陽ビルマネジメント
オール三菱60―0BULLS
オービック14―0アサヒビール


 ▽西地区
エレコム神戸49―10名古屋
アサヒ飲料35―7西 宮
パナソニック48―0アズワン


 【学生リーグ】
 ▽北海道(円山総合運動場)
札幌学院大21―7室蘭工大
北 大17―7札幌大


 ▽東海(名大グラウンドほか)
岐阜大20―17愛知大
名 大32―16南山大
名城大40―13中京大


 ▽北陸(金沢市営球技場)
福井県立大43―0富山大
金沢大31―0金沢工大


 ▽中四国(セカンドステージ・トーナメント・広島広域公園第二球技場)
島根大57―2高知大
広島大21―7愛媛大


 ▽九州(平和台陸上競技場ほか)
福岡大26―20久留米大
琉球大43―14鹿児島大
西南学院大37―7九 大


 【高校】
 ▽東京都大会(準決勝・早大東伏見)
駒場学園14―7早大学院
佼成学園33―0日大鶴ケ丘
(駒場学園、佼成学園、早大学院、日大鶴ケ丘は関東大会に出場)


 ▽神奈川県大会(準決勝・慶大グラウンド)
慶応高30―18横浜栄
法政二73―6根 岸
(慶応高、法政二は関東大会に出場)


 ▽埼玉・茨城・千葉県大会(準決勝・立教新座)
千葉日大一37―6敬愛学園
立教新座9―7江戸川取手
(千葉日大一、立教新座は関東大会に出場)


 ▽静岡県大会(知徳高)
知徳69―0浜松開誠館


 ▽大阪府大会(決勝トーナメント1回戦・追手門学院高)
箕面自由学園21―6清 風
関大一7―0近大付属


 ▽京都府大会(立命館宇治)
龍谷大付属平安74―0紫 野
立命館宇治35―7同志社国際
(立命館宇治は京都代表として全国大会に出場)

【写真】九州学生リーグ、西南学院大ー九大=5日、久留米陸上競技場