8月29日から31日にかけて、各地でXリーグ、学生リーグが行われ、Xリーグは日本選手権(ライスボウル)5連覇を目指す中地区のオービックが、初戦で太陽ビルマネジメントを86―0で圧倒した。アサヒビールはBULLSに苦戦したが、34―14で逆転勝ちした。
 仙台で行われた東地区の試合は、IBMが明治安田に72―14で快勝。西地区はパナソニックがエレコム神戸に延長の末21―24で敗れる波乱があった。アサヒ飲料は名古屋サイクロンズを50―7で下し、アズワンは西宮に21―7で勝った。


 関西学生リーグは29日に開幕し、4年連続学生日本一を狙う関学大が同志社大に54―0で快勝した。立命大は神戸大に34―0、関西大は近畿大に25―7で勝った。龍谷大は14―9で京大からリーグ戦初勝利を挙げた。


 北海道学生リーグは第2節の2試合を行い、帯広畜産大と札幌大が勝った。31日に開幕した東北学生リーグは、東北学院大と東北大が初戦を白星で飾った。


 9月6日には、アミノバイタルフィールドで関東学生リーグトップ8が開幕する。


 【Xリーグ】=1Stステージ(川崎富士見球技場ほか)
 ▽東地区
IBM72―14明治安田
 ▽中地区
アサヒビール34―14BULLS
オービック86―0太陽ビルマネジメント
 ▽西地区
エレコム神戸24―21パナソニック
アサヒ飲料50―7名古屋サイクロンズ
アズワン21―7西宮


 【学生リーグ】
 ▽関西(EXPO FLASHFIELD)
関学大54―0同志社大
立命大34―0神戸大
関西大25―7近畿大
龍谷大14―9京 大


 ▽北海道(札幌大)
帯広畜産大34―0室蘭工大
札幌大15―7北星学園大


 ▽東北(ダイナヒルズ運動公園)
東北学院大28―17仙台大
東北大58―0弘前大

【写真】立命大の1年生QB西山=撮影:seesway、30日、EXPO FLASH FIELD