「週刊TURNOVER」がスタートしたのは、ちょうど2年前の8月22日。ロンドン五輪が閉幕した直後だった。
 試行錯誤を繰り返しながら、編集長と部員の二人だけで始めたアメリカンフットボール専門のWEBマガジンは、レギュラーの外部執筆者8人を加えるまでになった。それぞれが個性的な文章で、フットボールへの熱い思いを綴ってくれている。
 前京大監督の水野彌一さんの一連のコラムが電子書籍化された。フットボールだけでなく、人生にも役立つ「名言」が随所に登場するとあって、発売直後から注目度は高い。あらためてカリスマ指導者の「言葉」の重みを実感している。
 その人生が波乱とユーモアに満ちた中村多聞さん、本場米国の女子プロフットボールで活躍するベティ鈴木さん、ジャーナリスト目線で大好きなフットボールを俯瞰する小座野容斉さん、女性ならでは切り口で、心温まるコラムを寄せてくれる小西綾子さん、NFLの旬な話題を提供してくれる生沢浩さん、コーチの目で明解に戦術を解説する新生剛士さん。そして大御所・丹生恭治さんは、造詣が深い米カレッジフットボールの面白さを、分かりやすく伝えてくれている。
 8月下旬には、Xリーグなどがいよいよ開幕を迎える。3年目を迎えた「TURNOVER」に、乞うご期待―。(編集長・宍戸博昭)

【写真】水野彌一さん